冬支度と省エネの知恵

長い冬到来前の陽気ただよう今日このごろ。もう稲刈りシーズンも終わると「冬だな」と実感してしまうこの地域ではちらほらと冬支度が始まっています。
毎年恒例行事の冬囲いのお手伝いに行ってまいりました。
f0084138_23551755.jpg

横手ではこの玄関先のワンクッションがあると無いとでは、日々の雪かきが相当軽減される他、玄関戸からの冷気の侵入が思いのほか軽減されます。前者は豪雪地域に住むものとしての以前からの生きる知恵、後者はそれだけ玄関戸の断熱性能が低いということにほかなりません。少なくとも最近のそれなりの断熱性能を有した住宅と比較するとそう思っちゃったりもします。

一大工、一工務店としては逐一連絡を頂けて現場実務があることはうれしいことなんですが、ここら辺の対策は、根本的に建築計画を練る段階でそれなりにクリアできるような気はするんです。
いろんな意味で、なんかロス分もったいないな。と。
[PR]

by iwamurakensyo | 2014-11-09 00:02 | ローエネルギー  

<< この時期の断熱のありがたみ フィットするということ >>