100mmの断熱をプラス

なかなかのあったかそうなピンク色に包まれた220mm断熱の家。
f0084138_133025.jpg

ここ雪国横手は、昨年までの数年の豪雪を思うと、珍しいほど良い天気に恵まれ、雨・雪に濡れることなく外壁側の付加断熱の施工が終わりました。(写真は先日のもの)
多少の水濡れは通気層経由で蒸発されるので大丈夫ですが、やはり施工側としてはなかなか濡らしたくないのです。できれば最高の状態で。

一面ピンク色に包まれた外壁の様子は、施工の過程で見える小一時間のみの限定外観は、この時期の寒々しい空に似つかわしくないあたたかさを感じさせてくれます。当然見た目だけではない、室温キープ力を発揮してくれるはずです。

「ってことは灯油代かからない家ってこと?」
「イエス、せっかくのあったかい空気を逃がしたくない家」
[PR]

by iwamurakensyo | 2014-12-02 01:47 | ローエネルギー  

<< 冬のオガールへ わたくし、省エネ建築診断士とい... >>