カテゴリ:木工製作( 42 )

 

白岩焼和兵衛窯さんの展示ブース@はっち

先日、八戸のはっちで行われた白岩焼和兵衛窯さんのイベント写真をいただきました。

まずもって、大きな声で「ありがとうございます」
f0084138_02334286.jpg
作家の渡邉葵さんからいただいた写真には、自分の作業場では思いもしなかった様子が写っていて感激です。奥にあるのは前回納品の「CAMP LUCK 」杉。手前は追加の幅広パイン。どちらも器のおかげでとっても凛々しく思えます。






[PR]

by iwamurakensyo | 2016-11-29 02:46 | 木工製作  

ワンオフをオーダーする楽しさ

デッドスペースにおさまる棚をオーダーいただき、先日、納品してきました。
ランドセルと日々の宿題などの教科書やドリル類と体操着をまとめれる棚。今回は、企画と現場納めを自分が担当し、基本製作はいつも一緒に仕事している大工の近藤(Woodcutter.J)作。

実は彼、今まで作ったオーダー家具作品は数百を超えるツワモノ。京都の本屋さんや某幼稚園などへ納品もこなす、気密施工もできる家具屋さんなのです(笑)

ということで、自分がパソコン業務におわれている今回は彼に制作をお任せ。

f0084138_21535582.jpg

ついでにうちにも同じのを一つ子供用に。写真はできたてホヤホヤの、うちバージョンのもの。


早速、LEGO棚にされそうになっておりました。右にある棚のようにシールで様変わりするのも時間の問題のようです。
[PR]

by iwamurakensyo | 2016-03-27 22:07 | 木工製作  

ランドセルラック

ランドセルを持ち始めた娘から受注していたランドセルラックが、昨晩やっと完成しました。
6ヶ月おまたせして申し訳ありませんでした 笑
f0084138_5495398.jpg


ついに自信を持って「ちゃんと片付けな!」って言えます


自分ごとだとやはりどうすりゃ楽にできるかと考え、結局のところビス止めバンバンですが、黒いビスをチョイスしたらそこそこありかなと。
[PR]

by iwamurakensyo | 2015-10-03 05:54 | 木工製作  

いちょうの木の座卓 試作

生まれがどこなのかは今では不明ですが、製材&狂い去り後の変化もほぼなく、間違いなく相当な天然乾燥期間を経ているこちらの銀杏(いちょう)の天板。脚はカットの端材を活用。
天板:銀杏、塗装:リボス クリア
f0084138_4294756.jpg

個人的に銀杏の木は一度、まな板を作ったことはあるのですが、これほどの大きな板を加工したのは初めてです。柔らかく、どちらかと言うと傷がつきやすい部類に入ると思います。その分、まな板には向いているのかもしれません。(包丁の刃先を傷めない)

一般的にはウレタン塗装で皮膜を形成することで木肌を保護しておりますが、リボスのクリアで止めております。日々のメンテは必要となってきますが、使い込むことでしか引き出せない「あじ」が見えてくればうれしいです。醤油をこぼしたら即拭くこと。これ必須です。

杢目からすると素直ではない木なのですが、非常に状態良く乾燥年月を経ているためか、大版からのカット後の変形もなく今後の変形も少なそうです。
f0084138_429319.jpg


このテーブルは全くの試作の試作品です。大型機械に挟まれたツメの跡も、ワイヤーの縛りキズもそのままです。ので、お譲りすることはできません。脚も取り外せるよう蟻組みしており、そのうちダイニングテーブルに変化している可能性もあります。
切り残りの状態の良い板(w700*L2300*T55)、対になる原板(w700*L3500*T55)がございますので、座卓・ダイニングテーブル・キッチンカウンター製作その他ご相談承ります。
[PR]

by iwamurakensyo | 2015-06-05 05:04 | 木工製作  

夏のお祭り

横手では音フェス開催中の今日この頃、あちらこちらで夏の賑やかなお祭りシーズンです。
f0084138_1622422.jpg

いつも依頼いただいている神社への奉納札(正式名称はなんというのだろう?)明日には納品間に合いそうです。
(字入れ札は以前製作した見本)

「バーンってぶつけて壊すから、壊れるように作って」っていう、なんとも絶妙なご依頼にいつも気になりつつも、お恥ずかしながらお祭りで実際に使用されている様子を伺った事がありません、、、どの程度の強度が必要なんだろうと短めのビスどめにしてみたり、ここはのりづけオンリーにしようかと、手の抜きどころを探りながら、なんとか今年も完成です 笑

いつも壊れてくれてるから、問題は無いのでしょう、、、 (^^;;
[PR]

by iwamurakensyo | 2014-08-10 15:58 | 木工製作  

梨の炉縁

「梨だろ」とのお世話になっているお客様の一言で、決心がついた梨の炉縁です。
f0084138_23474322.jpg

昨日、横手市のSecretMediaBase-MIRAI-前にテーブルとベンチ2台を納品させていただきました。初回打合せから、かれこれ半年がたっていました。
f0084138_23475172.jpg




・・・
普段大工として同じ木を扱う仕事をしていますが、家具となるとやはり違います。ましてやフルオーダーとなれば、そこには提供する責任がものすごく大きいように感じてしまいます。ようはプレッシャーが全然違います(笑

そこに無いものを作るということは、楽しい。「欲しい」と思ってくれる方以上に、頼まれてうれしいし、「おおーいいじゃん」と言っていただけると、いい意味で力が抜けます。と同時に、これから本当に大丈夫だろうかという耐久性への不安もないわけではないのが正直なところです。

木に限らず素材は収縮します。ただし木は引っ張り力に弱いです。だからたまにひびが入ったり割れます。素直じゃないと捻じれます。ましてや杉そのものに耐久性は求めれません。
でも、やっぱり木はいいです。触ると安心します。気持ちいいです。人間と同じで、年をとるとアジが出ます。だからみんなに丁寧に使われたテーブルなんかはものすごく何かを語っています。

・・・
たとえば、京都の進々堂のテーブルなんかは特にそう感じました。作り手の気持ちもあるのだろうと思いますが、使い込まれた感じが出ます。言葉では言い表すのは難しい、日本人的感覚。時間と人の手が作り出す独特な感覚。

今回のMIRAIテーブルも、依頼主の方の話しぶりからそうあってほしいと願っているように思えました。
そのため(杉を選択したため)、今回は完全接着はしてません。加工から日も浅いことも考慮し、まずは外れない程度での固定と、取り外せる固定方法で組み立てました。そしてきっと、使っていくうちにやはりこうありたいという「使い勝手」に対する対応もできるようなるべく簡単にばらせるようにしました。
きっと来るであろう数年後、数十年後のリペア時に、材の具合を見ながら、完成させていければと思います。

ということで、今回は自分のやりたいことをやらせていただき本当にうれしく思います。久々に、木工に目覚めたフレームづくりの頃の感覚を思い出しました。と同時に、図面にするむずかしさと図面と現場を合わせる感覚のあいまいさ、提案側と作り手側の境界線、自分はどちらの立場で制作すべきかというスタンスの置き場など、大変いい勉強になりました。日々発見でもありました。自分もまだまだです。


終わりが見えないので、今日はこの辺で(笑

どう塗装されるのか楽しみ。
[PR]

by iwamurakensyo | 2013-10-19 23:54 | 木工製作  

木に見つかる

今まで何カ月もさんざん悩んでいた材料を、今日はものの数分で決断、購入してきた。

ひょんなこと。
f0084138_2357925.jpg

つまりはそういうことが、きっかけの大半を作るもので、思いもよらないつながりから、あっちへ行ってこっちへ行ってと、まるでRPGの主人公にでもなったような、まるでストーリが出来ていたかのような一日。スムーズな事運びで、十年以上も寝かされている広葉樹を手に入れることができた。
「見つかってしまった」と木がいう。
f0084138_23571752.jpg


詳細は、後日のお楽しみとしておこう。
なんて、実際カットしてみないとこの衝動的な必然の行動の意味が問われるので、ここはうちの会社にもひっそりと内緒で(笑

ホント自分でも信じがたい。
AKIRAの世界に出てきそうなガタガタのフォークリフトを運転する材木屋のおっちゃんを無条件で信用し、言い値で購入。その紹介で向かったぶっきらぼうな材木屋さんの腕を半ば強制的に信用させられ、3日後に望みどおりのものが取り出されていれば、こっちのもの。久しぶりに感じる、10年前の自分「結果は後からついてくる」感。

ミスったら、A4フォトフレーム30個くらいはつくれるかな。ハハハ
[PR]

by iwamurakensyo | 2013-09-25 00:15 | 木工製作  

軽トラのホロ製作

「冬のシートの雪払い面倒だし荷台に箱のせちゃうべ」
的なチープな会話から、急遽、製作したのがこちら。軽トラック用箱幌
f0084138_1575866.jpg

大工ができる軽量化と剛性維持の実験的木製カーキット(笑)
ダイナミックにオープンする開閉時には、人目を惹く事間違いなし!!
シートがあり合わせの継ぎ接ぎなのは、依頼者のリサイクル&エコロジー。稀にベンチプレスと同等の効果も期待できます。

「これからの時期、灯油ポリ缶も入るしいいんじゃねぇ!?」と笑って満足しておられました。

・・・
作る側としては、たまーにこういうのも楽しい。週末夜鍋した甲斐があります。
[PR]

by iwamurakensyo | 2012-12-03 01:13 | 木工製作  

ベッドサイドテーブル プロトタイプ

こちらプロトタイプ。
兼ねてより製作依頼があった、ベット脇にちょっとしたテーブルが欲しいとの要望にお答えしたテーブルです。依頼された方の要望により、家具やさんで通常取り扱っている一般的な高さと比べ、若干高めに設定されています。
f0084138_1271272.jpg

H500×W420×D350
自分的には、もう少しスマートにしたほうがいいかな。
[PR]

by iwamurakensyo | 2012-11-03 01:33 | 木工製作  

作業台=おままごと

先日、保育所の修繕に小一時間お邪魔した時のこと。

「岩村さん!わたしそれ欲しい!」

作業するものとしては何気なく広げた「店」
養生で敷いたブルーシートと、作業用のコンパネ作業台、そして電動工具。
いつもの何気ないスタンバイ。
まもなく終えた作業。

そして、あの言葉。「わたしそれ欲しい!」
f0084138_1174188.jpg

「ん?これ?}
職人なら誰もが持ってるその筋の人なら当たり前、必需品でもあるモバイル作業テーブル。ばってんの台に合板を乗せるだけなので、入口の狭い部屋でも、でこぼこの屋外でも、屋根の上でも簡単にテーブルが出来上がり。
というのが、多分職人さんたちの既成概念。

「これね、子供たちあそべるかも!!」
コレをおままごとに使おうというのが、保育士さんの発想。かれこれ様々なお客様宅にお邪魔して、意外にも興味を持ってく作業台。書道用実演ブース、宴会用食卓(ケータリング的)など用に作ったことはあるけど全て「Table」としての利用。おままごととは、目からウロコ。


こんな感じで合板を組み合わせるだけ。窓くりぬきも加工次第。くりぬき面積が大きければその分持ち運びは軽くなります。が、その分強度は弱まります。
(写真の場合、石膏ボード12.5mmを100枚以上載せても壊れません)
自分のマークをくり抜いている職人さんもいます。
f0084138_117495.jpg



今日、お届けしたものは主たる目的が作業用ではないので高さが450と低めです。
さらに、子供たちが触れることを考慮し、触れる角は全てトリミング。コンパネではなく、F☆☆☆☆のラワン構造用合板。(←コレだけでシックハウスは余り考慮することは無いと思いましたが一応)

あえて無塗装です。本来ならば、ささくれ立ちやすい材料なので、子供が触るものであればこそ塗装すべきかと思います。が、「子供たちに塗ってもらっても面白いかも」という遊び心もこもってます。子供たちのリノベーションが非常に楽しみです。

いかがですか、バーベキューテーブルやDIY用に。自作も結構簡単に出来ますよ。
[PR]

by iwamurakensyo | 2012-10-26 02:02 | 木工製作