木材をブッショク中...

f0084138_0133248.jpg

さて、ホームページのほうにちょこっと出てた、今春から始まるリフォームの準備がいよいよ動き出しました。

実は今回、ホントに物凄くうらやましいケースです。本当です。かなりです。
「自分の山の木で建てる家」なのです。今まで間取りや、材料サンプルの検討など5,6回打ち合わせがありました。その間、何回か材料を見させてもらいました。

「もう製材して何年もたってるなー」とか「ずーっと置きっぱなしだ」なんて聞いていたので始めは、「狂って使い物にならんだろ」と当然のように思っていましたが、それが違うのです!昨日、いよいよ日取りも決まり始めたということで保管されている材料を掘り起こしてみたところ、陰干しでしっかりと桟がされている大量の木材は、十分に分直しがきく大きさに製材されており、数本のダメだしはあったものの、割れもねじれも少なくほぼ使えそうです。しかも、「知り合いからもらった」という十分に化粧梁として使えそうな木もありました。なんといっても、それがいい状態に自然乾燥されているということです。ま、全てが目の細かいものと言うわけではありませんでしたが、茶室などの化粧に使うわけでもないので問題ありません。

オール地山の秋田杉。
[PR]

# by iwamurakensyo | 2006-03-04 00:15 | 現場コラム  

ぶろぐ始めますのテスト

ついにブログ化します。やっと、というとこですが。やっぱり、自分でHTMLいじいじするより簡単だから。

これから現場の状況など、オススメ情報とかいろいろなこと書いていきたいと思います。
[PR]

# by iwamurakensyo | 2006-03-03 23:53