鍋倉の家 着々と

鍋倉の家、通り沿いにあるせいか
「そろそかい?」
と声かけていただくようになりました。

現場は通電の段取りと内部仕上げものと土壇場のトラブル回避の今日です(笑)
f0084138_17404296.jpg
いきなり話題は変わりますが、
1月とは思えない今朝の青空と、お昼の突風。現場では産廃BOXから飛散してしまっておおわらわ。
1月だよね?と疑ってしまう午後からの雨。雪下ろし隊も危険なので中止でした。

こんなときは、しがむり(すがもれ、しがもり,,,)注意です。

…乱文失礼

[PR]

# by iwamurakensyo | 2017-01-27 17:46 | 現場コラム  

雪国で育つ花 あなどれぬ

たまにはお仕事以外で。
只今、家の外は猛烈に雪が降っているなんて微塵も感じられない八重感ハンパないお花。
f0084138_22344614.jpg
羽後町で花卉(かき)栽培をしている大坂さんちのこちら。何という名前かは聞き忘れたので、おたずね下さい。

彼とは同じ高校の同級生の同じ部活。どこでどう道を選び分かれたのか、方やアウトドア好きな建築好きなひと。方や農林水産大臣賞をいただく花卉農家なひと。ぜんぜん違う。
もひと同じことあった。沖縄へ旅へ出たこと。こっちはバイクで、向こうは車。時期はバラバラ、一緒ではないけど。
f0084138_22345144.jpg
なんて思って思ってみたりする、mac不調気味なバックアップの写真整理中の夜



[PR]

# by iwamurakensyo | 2017-01-23 22:54  

2017 新年のごあいさつ

「道路が見える」ということがこれほどまでに気を落ち着かせてくれるものかということに、ありがたく感じているお正月休みな横手の十文字。みなさま、良いお年をお迎えでしょうか。
f0084138_17021714.jpg
写真:盛岡にて
例年であれば、正月であれ、休みであれ、朝一番の大仕事の雪かきに文句を言いつつ春になれば消える雪と格闘しなければいけないのさ。とおおっぴらには言えないほど日々「大雪」に翻弄されているわけですが、本当にその作業が無いだけで気持ちも行動も自由であることに、改めてうれしく思っております。

さて個人的ではございますが、おみくじで「手慣れた仕事にもミスあり」と忠告をいただき、ドライブ途中に立ち寄ったマーケットの駐車場では事故に巻き込まれ(車だけです)、新年早々「気をつけろよ」と石橋叩いて渡る気持ちいっぱいでございます。

本業の建築ではお客さまのわがままを創造するを第一に、よりよい住まい環境と満足度UP貢献すべく、溜め込んできたいろんな素材を素早く引き出せるよう努めてまいりたいと思います。また、根拠のない一般論はズケズケと分解&解釈出来るようより一層精進してまいります。

地域エネルギーをなんとか出来ないもんかね問題にも、本年はモミガラの有効活用とマネーの食い止めを最終目的として、頼れる仲間の知恵と労力を出し合ってスタートを切る予定でございます。


もちろんキャンプも行きたいです。3回位はいけるかな。。。


本年もお付き合いのほどよろしくお願い申し上げます。

いわむらまさゆき 17/01/04

[PR]

# by iwamurakensyo | 2017-01-04 17:05  

大掃除 台所換気扇の巻

2016も残すところあと僅かのところで、まさかの大雪です。今日はイレギュラーな流雪溝作業のお手伝いも合わせると、朝から述べ4ヶ所、計2.5時間の雪かきでした。

大掃除も終わりやっと一段落のころでしょうか。今日のお話しは、ここまで掃除できるんですシリーズ。台所換気扇の巻です。

最近の換気扇は昔よくあったプロペラが回る壁付けタイプのプロペラ型ではなく、シロッコファン型が多いと思われます。プロペラではなく、こういうファンがくるくる回って換気しているんです。
f0084138_22152983.jpg

で、この写真。そう、普通の台所のシロッコファンって、普通では見えないところにあるのですが、ちゃんとばらして掃除できるようになっているんです。年に一度のこの機会に、簡単に取り外せる油受けとか整流板の一歩先までやってあげたいところです。

ホームセンターなどで買える泡タイプの洗剤を吹きかけてしばらくすると、ごらんのとおり。。。
f0084138_22152380.jpg
一年分の油汚れよ、さようなら。

換気扇を強運転で、室内燻製よくやるって方は、絶対必須クリーニングです。ちなみに我が家のシロッコはとってもいいサクラの香りがしました 笑


[PR]

# by iwamurakensyo | 2016-12-30 22:27 | エトセトラ  

DIYとの境界かも

12月にはもったいないほどによく張れた日曜の太陽。現場には
「今日逃せばもうやれる日ないだろ」
という板金屋さんが外壁の工事をしておりました。

というわたしは、今後DIYを希望しているお客さまと進行中の現場を見学しながら.....
f0084138_17350728.jpg
ココまでは大工が責任を持って施工したほうが、いいと思います。のご説明です。


この写真の後、石膏ボードを張って仕上げを行います。クロスになるのか、珪藻土になるのか、板張り、化粧パネル張り、タイル張り、、、妄想は膨らみますが、石膏ボードを張ってしまえば手直しの効かない重要局面であるのが、断熱気密施工です。せっかく用意したフリースも防寒ジャケットも、着込む時に穴が空いたり腰廻りにフィット感がなければどうにも気になる隙間からの冷や冷や感は気持ち悪いものです。と同様に、断熱の施工具合や気密シートの処理はこの段階で決まってしまいます。(厳密には一度ミスチェックを行うのでそこで手直しを入れます)

そして今後何十年と室内環境を守ってくれる境界でもあります。

と書いている自分がだんだんドキドキしてきますが、それくらい現場は慎重になっております。

ってことを、今日の現場見学でご理解いただけたかと思います。


■■気密測定の見学のご案内■■
12月7日に気密測定を行います。興味のある方はe-mailかFBのメッセージにてご連絡下さい。限定的ですので、こちらからご返信いたします。

[PR]

# by iwamurakensyo | 2016-12-04 17:54