階段 ノンスリップ加工

あまりにも立派な青森ヒバの階段にメスをいれるのは、ありがたい機会であると同時に、失敗したら一大事になるという緊迫感の連続でした。
f0084138_12233163.jpg
階段は登るときは問題なくても、降りるときには気をつけたほうがいいです。ノンスリップ加工があれば、足に違和感を感じるので、無意識に気をつけると思うのですが、依頼者の方のお宅の階段はノンスリップ加工のないクリア塗装でつるつるの踏板でした。

「変な感じにしないでね」
ということは、簡単対策のノンスリップのゴム設置のことだったのでしょうか? 多分安全的に見るとあれが一番グリップの効くもののような気がしますが、現場で見て納得の立派な階段でした。

今回は、タモの埋木加工です。意外と足の裏の感覚は敏感なもので、1回目のモックアップは却下され、2mm薄くしたらあんまり意味ないなって感じだったので、この出っ張り具合。

すっきり、廻りの雰囲気にもあう加工が出来ました。すり減ったら交換もできます(たいへんですけど。。)

[PR]

# by iwamurakensyo | 2016-10-28 12:31  

未完成のままのつくえ

未完成なわが家には、見学に来られる方もいる。
しかしながら、いかんせん未完成なところがたくさんあるので、説明すら最近していない。例えば2階のダンボール置場とかしているスペースは、もともと「本棚のあるつくえのある吹抜け」がテーマなのだが、くどいようだが未完成なのでダンボール置場とかしていた。

なんだか急に思い立って、つくえを作ってみた。ただ完成予想図とは全く違うフレキシブルなつくえ。本棚は左後方に鎮座している。防湿層を破壊しないよう、窓上にもしっかり下地をしている。
f0084138_22402447.jpg
と言ってもあくまでも、サンプルの確認だったりするので、またそのうち変わる。

未完成で色々変更できる方が楽しいこともある。

[PR]

# by iwamurakensyo | 2016-10-13 22:57  

あのうちみたいに明るくなるの?

「うちも模様替えすれば、あの家みたいに明るくなるんですか?」
岩村建匠で以前リフォームを行ったお客さま宅を、拝見したという方。

「なるよ!」
「うちなんかもっと古いし、すっごかったんだから はっはっは〜」
とリフォームを行ったお客さま。(↑ここ人柄より想像)

断熱改修などを伴わない、内装の模様替えでしたら数日ではいこの通り。
f0084138_09162834.jpg
「ちょっとぉ、夜のほうが明るくて!」
「これなら近所の人呼べるわ〜 笑」
既存に合わせて、壁紙もベージュよりの色味を採用しましたが、今までの照明をつけると十分明るく、白く感じます。

築40年以上の歴史が見事に明かるさを吸収していた空間が、パッと変わりました。
f0084138_09163152.jpg
最初打ち合わせに行ったときは、もうどうでもいいや〜みたいなお話しでしたが、気持ちよくお茶を飲んでいただけているようです。お役に立ててうれしいです。ありがとうございます。

[PR]

# by iwamurakensyo | 2016-10-05 09:33 | リフォーム  

よこて お城山クラフトフェア2016

全国各地の手仕事を横手で見ることが出来るとてもうれしい2日間。よこてお城山クラフトフェア2016に行ってまいりました。ですが今年は、自分の仕事の確認の意味で^ ^

よこてお城山クラフトフェアweb | http://oshiroyama.net/

f0084138_19325578.jpg

子どもたちにも一応伝え、いっしょにブースに行くなり
「とおちゃん、いつコップつくったの?」
と、ありがたい勘違い。


自分で愛用しているCAMP LUCKの仕事具合の確認業務です。ブース什器として白岩焼和兵衛釜 の渡邉葵さんに採用していただきました。葵さんのステキな白岩焼が並ぶそこに、まさか、い印家具のキャンプ用品がお役に立てるとは思いもしないものでした。本当にうれしい限りです。

f0084138_19325550.jpg
自分も岩村建匠のブース出展などでも使っていますが、好きな長さの材で棚の寸法を調整できたり、重ねて高さのあるものにしたり、ちょっとした腰掛けにしても便利だったりします。普段は、キャンプサイトでクーラボックスを受け止めております。

今回は、秋田杉でとのことでしたので、白岩焼の器に失礼の無いよう自然乾燥でも十分目の詰まった杉板です。普段オーダーいただくキャンプ用はパイン系なので、それとはまったく異なり、ラフ感のない木目際立つ歴史を感じる材です。
日光による退色や、使い込むことによる傷も、これからブースにうかがうのが楽しみです。

作業場の片隅に眠っていた湯沢の古木ですが、まさか器うけになるなんてと、ニヤケの声がきこえそう。
(ガシガシ使われるキャンプ用品に比べ、丁寧に扱ってもらえてうらやましい)
本当にありがとうございます


深い青みが妙に自分の心をくすぐる白岩焼和兵衛釜さんのHP、FBはこちら
白岩焼和兵衛釜web | http://www.waheegama.com/
白岩焼和兵衛釜Facebook | https://www.facebook.com/waheegama


[PR]

# by iwamurakensyo | 2016-10-02 20:26  

多少の雨は地を固める良い雨です

無事、地鎮祭の運びとなった鍋倉の家。
f0084138_22535951.jpg
かれこれ、祖父の代から半世紀もお世話になっている地区。もちろん皆さんではないけれど、工事では出入りしていないのになぜか知っている方もいるこの地区。正直にありがたい。


神主さんの妙な声を後ろで聞きながら、「いくつのお客さんが、今を育ててくれたんだろ」といろんな事が湧いてきた。毎年の雪下ろしもさることながら、「おう、だいく!今度うちの床、まず見に来て直してけれな。」と買い物でバッタリ出会った際に念を押されたり、「ミツバチが集めてきたから取りに来い!」と仕事とか家のこととかとは全く関係ないことで若造の自分に電話をくれたり、おもえばこの近辺には大いに経験と楽しいお付き合いをさせていただいた。◯銭の飴玉の話や、じいさんの話なんてのもよく聞いた。


なんてことが、ふと頭をよぎる。


雨降らなくてよかったですね。と無事に地鎮祭が終わったお礼を神主さんに伝えると、
「朝の雨はちょうどいい雨でした。しっかり固まりましたよ」
だって。さすが、ありがたいお言葉。真に受けて喜びます^ ^


もうすこしで、寒さに怯えてトイレを我慢しない夜をいっしょにつくれる。

おばあちゃんに、「そんなにいっぱいのどんぶく、いらないから」と捨てさせた責任を果たさねば。

[PR]

# by iwamurakensyo | 2016-09-19 23:26 | 現場コラム