手すりを取付けました

日常生活をする上欠かすことの出来ない、トイレと入浴。でも、ご高齢になったおばあちゃんにとっては、それさえも大変なこと。もちろんそこへの往復も何か支えがあれば・・・今回は、日常生活を支援する意味での介護補助リフォームの例です。


「伝い歩きが出来ればすごく楽」とのこと。おばあちゃんに実際に握ってもらい、手すりの高さをセッティング。玄関で靴を履き替えてからの立ち上がりの動作も前よりかは楽。
f0084138_15531617.jpg


座るとき、立ち上がるとき、どうしても「ヨイショ!」だけじゃ物足りませんでした。トイレにも手すりを追加しました。
f0084138_15544281.jpg


ご高齢の方は、足腰にどうしても負担がかかる動作のときには、どうしても何か支えが必要です。また、私たちが何気に超えているわずかな段差も、ご高齢の方には意外と大変。

このように日常に存在するご高齢の方にとっての障害を解消する工事には、介護補助の支援があり、市町村より一定額の支援金があります。その際には、介護認定を受けている方が対象等の条件があります。また、工事内容などにより支援金額が異なります。詳しくは、電話・e-mailにてご相談ください。各市町村窓口にても相談可能です。
[PR]

by iwamurakensyo | 2009-05-29 23:39 | 介護補助  

<< ウォールナットのフォトフレーム 額縁 gita-frame >>