「エコポイントで窓のリフォーム」

午後から住宅版エコポイントの説明会に行ってきました。これでエコポイント関係の講習会も3度目です。漠然としていた疑問も大体分かってきました。お客様からいただいた疑問も含め自分でもあやふやだった窓のエコリフォームに関してちょっと載せておきます。

■エコポイント対象となる窓のリフォーム

下の3タイプがあります。

①.●ガラス交換
・・・・既存サッシ枠はそのままで、断熱性能のあるガラスへガラスのみを交換。
②.●サッシ交換・・・・既存サッシを断熱性能のあるサッシへ入れ替え。
③.●内窓設置 ・・・・既存サッシをのこし、室内側へ内窓を設置。



ここで、この住宅版エコポイントの工事の前提としてあるのが「エコ」であることが必要です。つまり、省エネ法というものに対応しているかどうかが問われます。


例)横手市 Ⅱ地域(秋田県は沿岸部の一部を除きⅡ地域)
①ガラス交換の場合、交換したい方のほとんどがアルミ枠と思われます。その場合、ガラスがペアガラスのLow-Eだとしても適応外です。Ⅱ地域ではアルミ枠だけでは省エネ基準未満となってしまうためです。

②サッシ交換の場合は、ペアガラス(12mmの空気層)の樹脂サッシや、Low-E入りのペアガラス(12mmの空気層)のアルミ+樹脂の複合サッシなどがあります。

③内窓設置の場合。「後付の窓」なんていう人もいます。樹脂サッシであるためこれもお客様が勘違いの多いタイプです。①同様シングルガラスではダメです。12mmの空気層を含むペアガラス以上が必要です。


・・・なんといっても、エコリフォームが対象となる工事です。省エネ基準Ⅱ地域への対応が必要となってきます。
断熱改修工事の場合も同様です。

長々となっちゃうので、詳しくは>こちら<より問い合わせください。

<参考>
国土交通省「住宅版エコポイントに関してのよくある質問」PDF
サッシメーカーHPには、合わせて利用できるリフォーム減税のことも載ってますよ。
YKKap
三共立山アルミ
[PR]

by iwamurakensyo | 2010-02-19 22:42 | 新築リフォーム補助金  

<< 3月8日受付開始 記憶の香り >>