出陣!大豆運搬BOX

見渡す限り黄金原だった田園風景も、稲穂が刈り取られて一気に殺風景になってしまった今日この頃、まさしく秋晴れの屋外仕事日和。屋根板金やさんと一緒に「今日はあっちの軒先補修、つぎは公園の東屋直し」と、相変わらず雪害の補修。なんとか鳥海山が真っ白になる前には終われそうです。

・・・
ちょうど現場と現場の合間に一本の連絡が。
「今、豆刈ってらど~~」

農家の方からでした。先日近所の農家の方に依頼を受け製作したアレが出陣となりました。

それは、「大豆運搬BOX 軽トラ用」
f0084138_19575155.jpg


収穫した大豆をこのBOXに入れて、大豆畑から大豆の乾燥機へと運搬します。そして、大豆をスムーズに次の工程へと誘います。ギミックな装置も何もない、重力任せです。

↓収穫されたばかりの大豆が満載。軽トラのサスがうなるほど。
f0084138_1959116.jpg

この状態の「豆圧?」に木製のBOXで持ち堪えられるかが心配でしたが、この時は全く問題ない様子。豆排出口のドアも、畑から乾燥機までの輸送時の振動&豆圧に耐えてました。

↓大豆BOXから、乾燥機へ流れていきます。
f0084138_2023899.jpg

依頼した農家の方も、製作した自分も何しろ初体験の試みなので、試行錯誤しながらです。このときも「もうちょっと豆が転ぶように勾配付けたほうがいいな」とのことで、次の運搬のタイミングまでに応急処置を施して試運転。
「おお~!正解だ」
豆がわんさか流れていきました。
気がついたら、次のお宅訪問を忘れて長いほうきをもって手伝ってました。すいません。


・・・
1シーズン使い倒してみて課題が見えてくるでしょう。
収穫後の反省会を受け、来年はまたデラックスに生まれ変わるかもしれません。
[PR]

by iwamurakensyo | 2011-10-20 20:24 | エトセトラ  

<< 住宅エコポイント再開 10/2... Low-eガラス仕様にリフォーム >>