土台の刻み

f0084138_22281941.jpg写真は、刻み上げた土台です。
今回は、基礎を断熱し、「内側の床下空間を暖房室」的な役割を持たせるため、基礎内側の床下空間は「室内」と考えます。そこで、一般的に、土台廻りは防腐剤を塗布したり、土台に防腐剤注入材を使ったりしますが、今回は米ヒバを使用しています。室内空間として考えられる床下空間に、身体に害のありそうなものを極力排除するためです。
「米ヒバ」は、「青森ヒバ」の様にシロアリや腐れに強い材料です。だから、土台などに使われるのです。

香りや色は、日本のヒバに似ている「米ヒバ」ですが、ヒノキ科に属しているものらしく、日本にあるヒバと根本的には異なる種類らしい。

by iwamurakensyo | 2006-04-08 22:43 | 現場コラム  

<< 工事が無事に終わりますように 地鎮祭 大正15年築 >>