冬にむけて ~窓の雪囲い~

イチョウの木も鮮やかな黄色い衣を脱ぎ、寒そうにゆれている今日この頃、思いのほか暖かいのかいつもの11月には珍しくタンポポが咲いていました。暖かそうな太陽が降り注ぐものの、西から吹く風は涼しげとはいかず、上着1枚がどうしても手放せません。

f0084138_2239438.jpg

<網戸レール取付用、ポリカプラダン透明+木部キシラデコール塗装>

そろそろ注文を受けている分の「窓の冬囲い」が一段落しました。
横手の豪雪っぷりを経験したことが無い人には「窓の囲い?ん?」となんやら分かりにくいかもしれませんが、依頼されるお客様にとっては「必須」の要素なのです。
「冬囲い」とは、基本、雪から家を守る対策として行われます。窓が降り積もった雪や屋根から落ちる氷などによって割れないようにするためです。昔の家なんかは、寒さ対策の一環として行うお宅もあるようです。よく風物詩としてニュースなどに取り上げられる金沢の兼六園の植木の冬支度的な冬への備えなのです。

上の写真は、窓を積った雪から守るためのもの。サッシについてる網戸をはずし、網戸のレールを利用して簡単に取り付けれるようになっています。
寸法採寸後、加工場にて製作し、現場にて微調整(サッシ枠ゆがみなどの調整)を行い取付完了となります。
f0084138_2239866.jpg


来期からはご自身での取り付け&取り外しが簡単に出来ます。
また、岩村建匠では金物屋さんオリジナルのアルミ製取付金具を採用しております。耐久性も抜群な上、「冬囲いしてしまったから、窓から風入れたくても出来ない!」を解消。標準で左右どちらかに6センチ程度の開口が出来ます。また、お客様のご要望により調整できます。また、フル密閉タイプではなく、「腰上は開口して」なんていうオーダーにもお答えしております。

週間天気予報についに雪だるまマークが出ました。
「やらなきゃいけないけど、まだなのよね。」という方、ぜひご相談ください。
ご予算は、トイレ窓などで1窓1万円~です。掃出し窓(H2m以上)などの大型サッシは1窓2.5万円~です。
数量により割引ありますので、お気軽にお問い合わせください!

メールでのお問い合わせはこちらへ
E-MAIL

お問い合わせメールの際は、下記内容を記載いただければお見積可能です。
件名 「網戸レール囲い見積依頼」
添付 「取付窓写真」
採寸 「幅=サッシ外々寸法 高さ=網戸レール内々寸法」
依頼者様氏名、住所(およそでかまいません)
基本的に、現場での微調整もありますので大工による採寸後の製作・取付となります。
遠方の方は、お客様による採寸寸法による製作(誤差2mm以内)となります及び発送手数料を頂きます。その際は現場サッシのゆがみなどに対応出来かねます事をご了承願います。

(2014/12/09追記)
[PR]

by iwamurakensyo | 2011-11-09 23:00 | 現場コラム  

<< 机が100円で! 住宅エコポイント再開!! その... >>