現場でしかできないこと

たとえばどうしようもない古材をそのままに梁にりようするだとか、自然にある石を利用して内装を装飾したりだとか、これだけデジタル化されたこの世の中においてもどうしても人の感覚でしかできない部分があったりするものです。
まぎれもなく今回もそれ。手道具の新調から開始したうちのオヤジです(笑)
只今、どこが水平なのか直角なのか、どこを基準にしていいものなのかを図面にアウトプットすることが難しい、よく言えば古風な現場の増築の準備中なのです。
f0084138_18402638.jpg

[PR]

by iwamurakensyo | 2014-08-29 18:41 | 現場コラム  

<< 敬老会の準備にて 心機一転 というよりやっと戻っ... >>