NO電気day 160313の夜

NO電気day

冷蔵庫と金魚のブクブク以外は今晩は電気使えない
電池はOK
太陽光とか、手回しで電気作るのはOK(うちにはないけど)


あくまでも予定して起こっている停電なので、事前に充電できたりするところは緊迫感はありませんが、もし本当に停電になったらどうする?っていうシミュレーションを経験しておくことはとても良いことだと思います。大人だけだったら意外と今までの経験からどうにかこうにか対処できるものですが、子どもたちといっしょに過ごすとなると非常時には何が使えて、何が使えないかも知っておくのもいいことだと思います。

照明としての電気がスイッチ押せないルールだったり、もちろんテレビも携帯もパソコンも電源OFF。お湯も出ないのでカセットコンロで沸かしたお湯でタオルを濡らし体を拭く。晩ごはんも当然カセットコンロ。そこら辺はキャンプ慣れしている家族だという自負はあったのですが、場所が家となるとやはり問題も。
「残り物のお肉あるけど、換気扇使えないじゃん!外で焼く?」
「あ、ご飯が冷凍されてた!電子レンジ使えないんだ!」
「昨日のおかずあるけど、電子レンジ使えないんだ!」
電子レンジには相当普段からお世話になっているのがわかりました。

食後も子どもたちはテレビみたいがつけれない。
せっかくなので秘蔵の新聞で当時の読み聞かせタイムなのです。
f0084138_857157.jpg

当たり前の明るい夜は、お金で買っているものであって、それすら買えないこともあるんだということを大人も子どももなんとなくでいいから感じることが出来た夜でした。

震災のあのとき、ホントに全く電気が使えなかった3日間。まだまだうちの子どもは小さく記憶は無いようですが、僕ら夫婦は、近所の人といっしょに発電機を共有したり、あの時のことは忘れちゃいけないことだと思っています。

あたりまえが一瞬で変えられるとだいたいパニックになりがちですが、趣味で続いていたキャンプ経験は大活躍でした。実際、動揺はほとんどありませんでした。もう電気ないんだっていう現実を目の当たりにして普段の生活はなんとかなるだろ。ただこの子のミルクはどうにかせにゃいかん。それだけでした。
「ランタンあれば大丈夫だね」
「カセットコンロでお湯沸かせばいけるよ」
「LEDのちっちゃいライト持ってトイレ行けばいいね」
米もカップラーメンもあったので大人は十分過ごせました。ただ夜は寒かったので居間でフリース重ね着して、そうそうに寝ました。


その経験は、今住んでいる家の設計に組み込んでおります。エネルギー源は電気・灯油ボイラー・薪ストーブとミックスしました。でも電気は重要に関わってるので使えないものがほぼ全てですが、薪ストーブは非常時大活躍の予想です。灯油ボイラーにしたのは、「うちはハイブリット車から電源引っ張ってボイラー動かしたよ」っていう人の体験談から、タンクにすら灯油があればどうにか風呂も入れるかもという思いからです。
家の断熱性能も大幅UPに挑戦するきっかけともなっています。天井300mm・壁225mmのグラスウールに包まれた家は、完成してみるとここがものすごく重要なんだってことが実感できています。外が暑くても寒くても、室内の変化は緩やかなのです。暖房効率がいいのは二の次で、そもそも安心できる温度をキープ出来るということが本当に嬉しく、お財布にも優しいなんていうことは実際に住んで分かりました。
事実、3/12、友人家族が集まって子どもたちがハチャメチャに駆けまわっていると、夜になって外気温は0℃近くまで下がるのに、室温はムンムンな熱気で寒さを感じない20℃近辺で維持出来ました。


実際本当に停電になった時は、のんきにしてはいられないのですが、本当にありえないことが起こることもあったという事実はものすごく記憶に刻まれています。


「やっぱり忘れちゃいけないことだから」と、あの頃のまだ寒い今時期に合わせてのNO電気dayなのです。さっき起きたばかりの子どもたちは、テレビ今日は見れるの?とかライトが明るくて怖くなかったよとか、感想は様々。やはりキャンプとは違い、家の中が暗いというのは心に響いているようでした。

今後も忘れないようにしていきたいと思うので、NO電気day、たまーに続けていきたい。


・・・・NO電気dayルール・・・・・
照明などののスイッチは入れちゃいけない
テレビ、パソコン、携帯触っちゃいけない(メモの写真は良しとする)
冷蔵庫と金魚のブクブクは良しとする
トイレは手動で流す
暗くなる前に学校の準備・宿題・丸付けは済ませておくこと
持ち歩いたライト類はちゃんとテーブルに戻す
食後はみんなでおはなしをする
子どもたちが就寝した後は、ルール解除とする
[PR]

by iwamurakensyo | 2016-03-14 05:56 | ローエネルギー  

<< 外を見るまでは。。。 家 車 仏壇 ざっくり年間費用で >>