暖房DIY見学

壁や床をつくる。家具をつくる。というDIYはよく耳にしますが、暖房&給湯システムをDIYするというのは、驚きものです。

地域エネルギーなどの見聞を開いてくれ、いつの間にかの友人?である畠中さんの自邸見学へ行ってきました。
f0084138_1758132.jpg



さすが空や海で工学の力量を発揮してきた氏の考える自邸は、興味惹かれるものばかり。写真は、暖房機として活用する予定の熱交換器の内部。手仕事の様子がよく分かる銅管が20mほど巻き巻きされております。この空間で空気が暖められ、自宅を暖房するというものです。熱源は、地元の由利本荘産のペレット。

屋根の上には太陽熱温水パネルが搭載される予定とのこと。バックアップ熱源はガス。
「実験室」と呼ぶこの彼の自体は、しっかりと断熱計画も実行され、後々はセミオフグリッド計画もあるようです。

いろいありこの建築に参加することは出来ませんでしたが、自分の十文字の自邸がいろいろなきっかけとなっているようで、うれしくなります。


・・・
結局最後は、最近の興味のある話でラーメンをすすり、「ラズパイ」を知りました。知ってますか「ラズパイ」?
可能性にワクワクしました。詳しい方、色々教えて下さい^ ^
[PR]

by iwamurakensyo | 2016-08-06 18:00  

<< 気密測定技能者パスしました ふくたくさん >>