よこて お城山クラフトフェア2016

全国各地の手仕事を横手で見ることが出来るとてもうれしい2日間。よこてお城山クラフトフェア2016に行ってまいりました。ですが今年は、自分の仕事の確認の意味で^ ^

よこてお城山クラフトフェアweb | http://oshiroyama.net/

f0084138_19325578.jpg

子どもたちにも一応伝え、いっしょにブースに行くなり
「とおちゃん、いつコップつくったの?」
と、ありがたい勘違い。


自分で愛用しているCAMP LUCKの仕事具合の確認業務です。ブース什器として白岩焼和兵衛釜 の渡邉葵さんに採用していただきました。葵さんのステキな白岩焼が並ぶそこに、まさか、い印家具のキャンプ用品がお役に立てるとは思いもしないものでした。本当にうれしい限りです。

f0084138_19325550.jpg
自分も岩村建匠のブース出展などでも使っていますが、好きな長さの材で棚の寸法を調整できたり、重ねて高さのあるものにしたり、ちょっとした腰掛けにしても便利だったりします。普段は、キャンプサイトでクーラボックスを受け止めております。

今回は、秋田杉でとのことでしたので、白岩焼の器に失礼の無いよう自然乾燥でも十分目の詰まった杉板です。普段オーダーいただくキャンプ用はパイン系なので、それとはまったく異なり、ラフ感のない木目際立つ歴史を感じる材です。
日光による退色や、使い込むことによる傷も、これからブースにうかがうのが楽しみです。

作業場の片隅に眠っていた湯沢の古木ですが、まさか器うけになるなんてと、ニヤケの声がきこえそう。
(ガシガシ使われるキャンプ用品に比べ、丁寧に扱ってもらえてうらやましい)
本当にありがとうございます


深い青みが妙に自分の心をくすぐる白岩焼和兵衛釜さんのHP、FBはこちら
白岩焼和兵衛釜web | http://www.waheegama.com/
白岩焼和兵衛釜Facebook | https://www.facebook.com/waheegama


[PR]

by iwamurakensyo | 2016-10-02 20:26  

<< あのうちみたいに明るくなるの? 多少の雨は地を固める良い雨です >>