構造を補強

リフォームは、完成後のイメージばかりが先行してしまいがち。解体するとわかってくるのです。「家」の健康状態が。
f0084138_2329177.jpg

浴室周りは思いのほか痛んでいた部材もあったものの、すぐに対応可能な範囲内だったので、お客様に説明し部材を取り替えました。(きのう)
f0084138_23295472.jpg

打ち合わせ時に事前調査をしていたこともあり、リフォーム中のお客様宅は、ほぼ予定通りの健康状態。間取りの変更に伴い、梁を架け直し&架け加え。そして柱の撤去&追加。大手術は一日かかりました。

明日は、耐力壁不足を補う工事の予定。ちなみに、耐力壁とは木造でいうと筋交いという斜めの部材を入れて、地震力などに抵抗するための壁のこと。まさに、「すまいに体力をつけるための壁」なのです。
[PR]

by iwamurakensyo | 2008-10-27 23:35 | リフォーム  

<< おっ! 解体工事スタート >>